ヒゲの永久脱毛は可能なのか

脱毛したら生涯ひげは生えないの?

髭が濃くて悩んでいる人は、もう一生生えて来ないで欲しいと思っている方が多いのだと思いますが・・・

 

中には、年齢を重ねても、ヒゲのないツルツルの顔って、男としてどうなんだろう・・・と想像してしまう人もいるようです。

 

脱毛で使われる永久脱毛と言う言葉は、基本的に、生涯生えて来ないという意味ではなく、剃ったり、抜いたりしたりした場合よりも、生えて来ない期間が長いという程度の話なので、永久という言葉の意味をそのままとらえてしまうと期待外れになります。

 

また、脱毛方法によっても、脱毛してからその状態を維持できる確率は異なってきます。より毛が生えて来る組織を完全に破壊するか確率が高い方が維持力は高いというわけです。

 

脱毛方法による違い

維持力を求めるのならば美容電気脱毛

脱毛してから20年以上たってもほとんど生えて来ないという実績があるのは、一番古くからある美容電気脱毛(ニードル脱毛)という方法です。

特に毛根が強く、密集して生えてくる髭では脱毛効果はとても高くいのですが、デメリットとして痛みが強く、料金も高くなることから、女性の全身脱毛ではほとんど使われなくなった手法です。

 

痛みや費用を度外視しても、ヒゲ脱毛を徹底してやりたい方にはお勧めです。
1本ずつ処理するので、間引いてヒゲを薄くすることができますし、生えて来る場所と生えない場所を確実に区別するデザイン脱毛も可能です。

 

短時間で脱毛するならば医療レーザー脱毛

毛根の奥まで届くレーザーを照射し、毛根周囲を破壊する脱毛方法。面で照射するので短時間で広範囲を脱毛可能です。

火傷のリスクが高く、医療行為となっているので(なんであっても永久脱毛という言葉での治療は医療機関でしかできません。)、美容皮膚科など医師のいるところでしか受けることができません。

 

ひげ脱毛だと5〜6回でかなり脱毛できます。ただし、人によっては20回ぐらいやらないとツルツルにならない場合もあり、個人差があります。
マシンによっては、密集したひげの脱毛には効果が発揮できないタイプのものも有るので、実績のあるクリニックがお勧めです。

 

脱毛の維持力は、美容電気脱毛に近いものがあると言われますが、個人差があるでしょう。また痛みも結構あります。
料金は最近は安くなってきていますので、2年位10回ぐらいの費用であれば、美容電気脱毛よりやすく済むでしょう。

 

安い費用で脱毛するならば光脱毛

レーザー脱毛と同じような原理ですが、レーザーほどの威力は無いため、処理したもまた生えてきてしまう確率化がレーザーより高くなります。

 

完全にツルツルにするには、2年以上は必要ですが、薄くする程度であれば、1年程度でも効果が上がりますし、費用もとても安く済みます。

 

数年後また生えて来るようであれば、また脱毛しなければなりません。光脱毛のリンクスなどであれば、脱毛完了後優待券がもらえ、80%OFFで再開できるので、光脱毛ならばリンクスがお勧めです。

 

他の脱毛方法よりも痛みが少なく、料金がとても安くできるので、永久脱毛でなくてもいいという、気軽にヒゲ脱毛したい方にお勧めです。